相談事例Q&A

年金-高年齢雇用継続給付と在職老齢年金との調整

 60歳になり、いったん会社を退職しましたが、引き続き嘱託として再雇用されることになりました。

 60歳から年金が支給されますが、在職しながら年金を受給すると減額されると聞きました。しかし、会社が雇用保険に加入していたので、高年齢雇用継続給付が支給されると言われました。その場合の年金との仕組みを教えてください。

 原則として標準報酬月額の6%を限度とする額の年金が支給停止。

 高年齢雇用継続給付と60歳台前半の在職老齢年金を受給できる人については、一定の調整が行われることになっています。
 雇用保険法による高年齢雇用継続給付とは、60歳以上65歳未満の被保険者(被保険者期間が5年以上必要)について、その賃金が60歳時点の75%未満となった場合に、各月に支払われた賃金の最高15%相当額を支給するものです。
 (解説:雇用保険/雇用継続給付/高年齢雇用継続給付
 在職老齢年金とは、60歳台前半の老齢厚生年金を受給している人が厚生年金の被保険者となった場合、在職中の「総報酬月額相当額」と「年金月額」によって、年金の一部又は全部が支給停止されて支給される年金をいいます。
 この高年齢雇用継続給付と在職老齢年金を受給できる人について、一定の調整が行われています。
 仕組みは、在職老齢年金を受給している人が、高年齢雇用継続給付を受給する場合、標準報酬月額と60歳到達時の賃金月額(賃金日額×30日)との割合に応じた支給停止率により、標準報酬月額の6%を限度として在職老齢年金の一部が支給停止されます。

 つまり、60歳台前半の老齢厚生年金を受給できる人が厚生年金の被保険者として在職した場合、総報酬月額相当額と基本月額によって老齢厚生年金が支給停止され、さらに雇用保険から高年齢雇用継続給付が支給される場合は、標準報酬月額と60歳時の賃金月額との割合によって、標準報酬月額の6%を限度として在職老齢年金の一部が支給停止されることになります。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)