相談事例Q&A

年金-老齢基礎年金の受給額

 現在、59歳になり今後の生活設計などを考えなければならないと思っています。

 大学を卒業して以来、ずっと会社に勤め年金の保険料を払ってきましたが、いったいいつからいくら年金がもらえるのかとても不安です。いったい、いつからいくら年金がもらえるのでしょうか?

 厚生年金は生年月日や今までの給与によって個人差

 年金は全国民共通に国民年金(基礎年金)が支給され、厚生年金保険や共済年金に加入していた人は、その上乗せに報酬に比例した厚生年金保険、共済年金が支給されるしくみとなっています。
 国民年金も厚生年金保険も原則として65歳から支給されますが、厚生年金保険に1年以上加入していた人は、生年月日によって例外に65歳前でも年金が支給されます。(社会保険制度の概要:厚生年金/老齢厚生年金/特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢(表)

 具体的にいくらもらえるのか、次のケースを例に計算してみます。

昭和31(1956)年4月25日生まれ(現在59歳)
22歳で大学を卒業後60歳定年まで会社に勤務
平成15年3月までの加入期間が300月・平均標準報酬月額40万円
平成15年4月からの加入期間が144月・平均標準報酬額45万円
妻有り(昭和32(1957)年8月12日生まれ(現在58歳))

 この方の場合、62歳から報酬比例部分相当の老齢厚生年金が支給され、定額部分相当の老齢厚生年金は支給されません。そして65歳からは老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給されます。特別支給の老齢厚生年金の受給権を取得した時に、厚生年金保険の加入期間が20年以上ある人で生計を維持している(扶養している)配偶者や一定の子がいる場合には、加給年金額が加算されます。さらに配偶者加給年金額には特別加算が加算されます。(社会保険制度の要点:老齢厚生年金

年金額

●62歳から支給される年金(報酬比例部分相当の老齢厚生年金)
総報酬制導入前 400,000 × 7.125 / 1000 × 300月 × 0.999= 854,145
総報酬制導入後 450,000 × 5.481 / 1000 × 144月 × 0.999= 354,814
854,145 + 354,814 = 1,208,959円

●65歳から支給される年金(老齢基礎年金と老齢厚生年金)
老齢基礎年金 780,100 × 444月 / 480 =721,593
老齢厚生年金 1,208,959(60歳からと同じ)
721,593 + 1,208,959 = 1,930,552 ・・・[1]
加給年金額 390,100 ・・・[2]
[1]+[2]= 2,320,652円

●66歳から支給される年金
1,930,552円
(妻が65歳になると加給年金額がなくなり、妻に振替加算が加算されます。)

参照→社会保険制度の要点:厚生年金国民年金

 以上のように年金の支給開始年齢は、生年月日により異なり、支給される年金の額も加入している制度や期間、現役時代の給与によって変わってきます。
 具体的な年金額は、支給開始時点にならないとわかりませんが、計算式にあてはめれば、おおまかな年金額を計算することができます。また、日本年金機構のホームページにも「自分でできる年金額簡易試算」がありますので、利用してみてください。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)