相談事例Q&A

派遣社員・パートタイム-派遣社員の雇用保険の被保険者となる範囲は?

 先日、派遣社員として登録をして、このたび1ヵ月契約で派遣社員として働くことになりました。

 今までは、正社員としてしか働いたことがありません。派遣社員として働く場合、雇用保険はどのようになるのでしょうか?1ヵ月契約で9時から17時まで週5日働きます。1ヵ月後は更新となっています。

 一定の基準を満たせば被保険者となる

 登録型派遣労働者については、その就業形態は多種多様であり、臨時内職的にしか就労しない者等雇用保険の被保険者として取り扱うことが適当でない者が含まれているため、一定の基準を設けて、この基準を満たした場合に被保険者となることとなっています。
 適用基準は次のとおりです。

(1)31日以上雇用見込みがあること
 31日以上雇用が継続しないことが明確な場合を除き、この要件に該当することになります。
 例えば、次の場合には雇用契約期間が31日未満であっても原則として31日以上雇用が見込まれるものとして雇用保険が適用されます。

[1]雇用契約を更新する場合がある旨の規程があり、31日未満での雇止めの明示がないとき
[2]雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績があるとき

(2)1週間の所定労働時間が20時間以上であるとき

適用される場合の具体例

[1]同じ派遣元A社から、派遣先B社に1ヵ月、その後更新して同じB社に1ヵ月で通算して31日以上引き続き派遣されることが見込まれる場合

[2]同じ派遣元A社から、派遣先B社に1ヵ月、C社に1ヵ月、1ヵ月あけて通算して31日以上派遣されることが見込まれる場合

 派遣元事業主が、派遣労働者に対して雇用契約期間が満了するまでに次の派遣就業を指示しない場合には、派遣労働者が同ーの派遣元事業主のもとでの派遣就業を希望する場合を除き、雇用契約期間満了時に被保険者資格を喪失することとなっていますが、派遣労働者が引き続き同ーの派遣元事業主のもとでの派遣就業を希望している場合には、原則として、契約期間満了後1か月間は被保険者資格を継続することができ、契約期間満了時から1か月経過時点において、次の派遣就業(派遣先)が確定している場合には、被保険者資格を喪失させることなく、次の派遣就業が開始されるまでの問、被保険者資格を継続することができます。
 ご質問の場合、1ヵ月後にまた更新されるということですので、31日以上雇用見込みがあるものとして、雇用保険の被保険者になることができます。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)