相談事例Q&A

派遣社員・パートタイム-パートタイム労働者の雇用保険

 おととしまで働いていたのですが、一身上の都合により、退職をして失業手当を受給しました。

 現在、また仕事を探しているのですが、正社員での就職が見つかりません。しかたがないので、パートで働こうと考えています。でも、また失業したときのことを考えると、雇用保険に加入しておきたいのですが、パートでも雇用保険に入ることができるのでしょうか?

 パートタイム労働者も雇用保険が適用

 パートタイム労働者については、労働時間、賃金等の労働条件が就業規則、雇用契約書、雇入通知書等に明確に定められていて、次のいずれにも該当するときに、雇用保険の被保険者として取り扱うことになっています。

(1)1週間の所定労働時間が20時間以上であること
(2)31日以上引き続き雇用されることが見込まれること

 「31日以上引き続き雇用されることが見込まれる場合」とは31日以上雇用が継続しないことが明確な場合を除き、この要件に該当することになります。
 例えば、次の場合には雇用契約期間が31日未満であっても原則として31日以上雇用が見込まれるものとして雇用保険が適用されます。

[1]雇用契約を更新する場合がある旨の規程があり、31日未満での雇止めの明示がないとき
[2]雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績があるとき

 この基準が適用されるパートタイム労働者とは、「その人の1週間の所定労働時間が、同一の適用事業に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間よりも短く、かつ30時間未満である」人をいいます。
 この基準を満たす労働条件によって、適用事業に雇用され雇用保険の被保険者になった場合には、その人が失業したときの被保険者期間の計算、基本手当の支給等について通常の労働者と同様になります。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)