相談事例Q&A

扶養-年金受給の被扶養者

 現在、同居をしている両親がいるのですが、父が退職をすることになりました。

 父は、定年退職後年金を受給しながら嘱託で働いていました。今後は両親を自分の健康保険の扶養に入れたいと思っているのですが、扶養に入れることはできるでしょうか。父は満63歳で、年150万円くらい、母は61歳で、年8万円くらい年金をもらっているそうです。年金をもらっていても扶養にいれることはできるでしょうか。

 年収が180万円未満で、被保険者の年収の2分の1未満であれば、被扶養者になれる。

 被保険者の実の父母の場合、主として被保険者の収入により生計を維持していれば、同居、別居を問わず被扶養者になることができます。
 主として被保険者の収入により生計を維持している状態とは、原則として次の基準をもとに判断されています。

・原則
 年収が130万円未満であること
 被扶養者になろうとする人の年収が130万円未満で、かつ被保険者の年収の2分の1未満であれば、原則として被扶養者になることができます。年収が被保険者の2分の1以上であっても、130万円未満である場合は、被保険者の収入によって生計を維持していると保険者に認められれば、被扶養者になれることもあります。

・60歳以上の場合
 被扶養者になろうとする人が60歳以上の場合や障害者の場合は、上記の「130万円未満」が「180万円未満」となります。

 したがって、ご両親とも60歳以上になっているので、年収が180万円未満でしたら、被扶養者になることができます。年金も収入に入りますので、年金のみの収入でしたら、ご両親とも被扶養者になることができます。
 ただし、お父様の場合、今まで嘱託で働いていたということですので、働いていた期間よりも年金額が増える可能性があるので、180万円を超えないか確認してください。
 また、お父様が退職をして雇用保険の基本手当の支給を受ける場合は、被扶養者になると基本手当の支給が受けられないので、基本手当の支給を受ける場合は、ご自身で国民健康保険に加入するか、任意継続被保険者になる必要があります。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)