相談事例Q&A

扶養-被扶養者について

 現在、妻は働いておらず、健康保険は自分の扶養に入れています。この4月から子供も小学校に入学し、時間もできそうなので、1日2時間から3時間ぐらいパートで働きたいと言っています。

 しかし、パートで働いても、収入が少ないので、引き続き扶養に入れておきたいと思っているのですが、できるのでしょうか?

 年収が130万未満で、被保険者の年収の2分の1未満であれば、被扶養者になれます。

 健康保険の被扶養者になることができるのは、主として被保険者の収入により生計を維持している一定の家族です。(参照→社会保険制度の要点/健康保険/被保険者等/被扶養者

 主として被保険者の収入により生計を維持している状態とは、次の基準をもとに判断されています。

・原則-年収が130万円未満であること。
 被扶養者の認定を受けようとする者の年収が130万円未満で、かつ被保険者の年収の2分の1未満であれば原則として被扶養者になることができます。

・例外-年収が被保険者の2分の1以上であっても130万円未満である場合、被保険者の収入によって生計を維持していると保険者に認められれば被扶養者になれることもあります。
(別居の場合、60歳以上、障害者の場合は別に認定基準があります。)

 したがって、パート社員として働いても上記の基準を満たしていれば、引き続き被扶養者になることができます。
 ただし、パート社員でも勤務時間、勤務日数がそれぞれ一般の社員の4分の3以上である場合は、パート先の社会保険の被保険者に該当しますので、ご主人の社会保険の被扶養者にはなれません。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)