相談事例Q&A

失業-退職前に無給の期間があった場合の受給資格

 10年間勤めていた会社を退職することになりました。

 退職の2ヵ月程度前まで病気のため6ヵ月間休職していました。その間は無給で傷病手当金を受給していました。このような場合、失業給付は受けることができるのでしょうか?

 受給資格の緩和の措置が受けられる

 基本手当は、被保険者が失業した場合において、原則として離職の日以前2年間(この期間を「算定対象期間」といいます)に被保険者期間が通算して12ヵ月以上あったときに支給されます。
 ※被保険者期間とは、離職の日から遡って1ヵ月ごとに区切り、その1ヵ月間に賃金支払基礎日数が11日以上の場合、被保険者期間を1ヵ月とし、1ヵ月未満の端数があるときはその期間が15日以上あり、かつ賃金支払基礎日数が11日以上あるときに1/2ヵ月とします。
 この算定対象期間に病気やけがなどの理由によって引き続き30日以上賃金の支払を受けることができなかった被保険者については、受給要件の緩和の措置が行われています。
 この緩和措置とは、原則の1年間に病気やけがなどの理由により賃金の支払を受けることができなかった日数を加算することができ、最長4年間まで算定対象期間を延長することができます。つまり、その延長された算定対象期間に被保険者期間が通算して12ヵ月以上あれば、基本手当は支給されることになります。
 したがって、ご質問の場合でも、離職の日以前1年間と病気で休業した期間の6ヵ月を加算した期間に被保険者期間が12ヵ月以上あれば基本手当は支給されます。
 なお、この緩和措置が認められる理由は次の場合があります。
 [1]疾病又は負傷(業務上外を問いません)
 [2]事業所の休業
 [3]出産
 [4]事業主の命令による外国における勤務
 [5]上記[2]~[4]に準ずる理由で管轄公共職業安定所長がやむを得ないと認めるもの

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)