相談事例Q&A

出産-流産した場合の出産手当金

 1か月ほど前、流産してしまいました。妊娠5か月目(130日)でした。

 妊娠をしてから、つわりがひどく、妊娠3か月目ぐらいから休業に入っていました。流産のあとは、しばらく休む予定です。この場合、出産手当金等の支給は受けられるのでしょうか?

 出産に関する給付は、妊娠4か月を超える出産について支給される。

 健康保険の被保険者が出産したときは、出産手当金と出産育児一時金が支給されます。

○出産手当金
 被保険者が出産したときに、出産の日以前42日(多胎妊娠の場合98日)、出産の日後56日までの間において、労務に服さなかった期間に対して支給されます。

○出産育児一時金
 被保険者が出産したときに、一時金として42万円が支給されます。

 出産に関する給付は、妊娠4か月を超える(85日以上)出産に限られています。
妊娠4か月を超えて(85日以上)いれば、生産・早産・死産・流産(人工流産を含む)を問わず、出産手当金、出産育児一時金は支給されます。
 したがって、ご質問の場合のように残念なことに流産された場合でも4か月を超えていれば、出産手当金と出産育児一時金は支給されます。
 出産手当金の支給に関しては、流産された日を出産日として起算します。3か月目ぐらいから休業をされているということですので、流産された日以前42日とその日後56日間について労務に服していない期間、出産手当金は支給されます。

社会保険労務士 根岸 純子


戻る


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)