平成25年10月改正の概要

平成25年10月改正の概要

(13.11.7更新)

【厚生年金保険】

1.年金額の改定
 平成25年9月分までの年金額は、平成12年度から14年度にかけて、物価が下落したにもかかわらず、年金額を据え置いたことで、本来の水準よりも2.5%高い水準(特例水準)となっていましたが、段階的に特例水準を解消することにより、年金財政の改善を図るとともに、将来の受給者となる若い世代にも考慮して、世代間の公平を図ることとなりました。

 このため、平成25年10月分以降の年金額は、4月から9月までの額から、マイナス1.0%の改定が行われました。

2.保険料率の変更
 平成25年9月分から保険料率が厚生年金保険、共済年金ともに上がりました。

【雇用保険】

1.賃金日額及び基本手当日額の上限額・下限額等の改定
 平成24年度の平均定期給与額が前年比で約0.5%減少したことから、賃金日額及び基本手当の上限額・下限額、就業手当、再就職手当、常用就職支度手当、雇用継続給付の上限額等が引き下げられました。

【児童扶養手当】

1.支給額の改定
 年金額の物価スライド特例水準の解消に伴い、児童扶養手当の支給月額も改定になりました。


上へ

社会保険制度の解説

私たち生活に深い関わりのある社会保障、社会保険制度のポイントを解説します。

相談事例Q&A

日常生活の中で「こんな場合はどうなるの?」という具体的な相談事例をとりあげて、社会保険労務士の根岸純子氏がわかりやすくお答えします。

Copyright 労働者福祉中央協議会(中央労福協)